池尻A邸 オープンハウスは今週末9/21

今週末9/21オープンハウスの池尻A邸。バルコニーに手すりも付き、足元のコンクリートも仕上がりました。

1階の大きな土間玄関。階段のところには猫用の格子戸が入っています。1階のアクセントカラーは、少しだけエンジを感じる、なかなか素晴らしい色でした。土間の可動棚はロイヤルの黒いレールを使っています。

道路側の大窓は下枠が隠し框風になってるので、結構すっきりしてます。2階のアクセントカラーはべんがらや、さび止め塗装系の色です。天井の黒いブラケットはサラウンドのスピーカー用。 ご主人のこだわり。

奥様こだわりの大きなキッチン。今回は家具工事。引き出しレールはハーフェレ。壁面は大判の馬目地タイル。

3階は寝室。アクセントカラーはからし色です。建具はタモの突板に着色。

床は定番のオークラスティックグレード、120幅。植物オイル仕上げなので、結構濃い目でいい感じです。

今回は、当日飯塚出張中で連絡とりにくいので、金曜日中にご連絡いただければ、折り返しご案内お送りします。

池尻A邸オープンハウス

来る2019年9月21日の土曜日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理いたしました、池尻A邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでご案内致します。https://iplusi.info/category/blog/ikejiri-a/
池尻A邸は 19.4坪の狭小地に建つ3階建ての二世帯住宅です。
小屋裏階を包む屋根、 道路側に大きく開いた2階リビングの大開口、準耐火構造の杉外壁が外観上の特徴です。許容応力度計算も所内で行い、耐震等級3を取得するなど、意匠・断熱・構造全部どりした住宅となっています。

■住所:世田谷区池尻
■日時:2019年9月21日(土)、am11:00~pm4:00
■最寄駅:東急田園都市線池尻大橋駅徒歩7分
  (渋谷からの場合、バスも便利です。「池尻」停留所から徒歩6分)
■車の場合:コインパーキングなどご利用ください。
■ご連絡先:アイプラスアイ設計事務所 飯塚豊
mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp

見学会は予約制となっております。見学希望の方は、お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家作り予定者・設計者・施工者 ・OB・その他の別 (※今回学生さんは見学はできません) をお知らせください。折り返しご案内をお送りいたします。

なお、 今回、飯塚は伊賀大阪方面出張のため、スタッフの対応となりますが、お誘いあわせの上お越しいただければ幸いです。

毎年恒例 グループ展のご案内

今週末9/6(金)から9/8(日)まで、新宿南口徒歩5分、国民共済COOPホール(旧全労済ホール)展示室にて、毎年恒例の絵のグループ展があります。メンバーは、いろいろな大学の美術系サークルから集まった30年前から続くグループに、今年は3名の新人さんが加わっており、三宿N邸の奥様も写真で参加予定です。

今回、飯塚は建築っぽい絵3点出品します。基本、在廊してますので、 お時間あれば是非お立ち寄りください。 家や土地の相談も歓迎です。

「伊賀の家」今日の室温

森大建地産の森社長来所。
今日みたいな暑い日の伊賀の家の室温はどうなのか気になるところなので、聞いてみました。森さんはnetatmo(ネットアトモ)というスマホでどこからでも見られるツールで24時間温度管理してしてるそう。web調べでは13時ごろの伊賀市猿野の外気温は32~33度というところなので、40.6度は外センサーが地表温度とか拾ってるんだと思いますが、室内の温度は1階(右)25.3度、2階23.7度と大変快適な室温となっております (ちょっと温度下げ過ぎという話もありますが、笑 )。この時、1階の床下エアコンは送風状態で、2階エアコンだけ動かしてる感じとのことでした。

「伊賀の家」はこんな風に窓だらけの建物ですが、2階には軒が出て、1階はセットバックして日射しを遮っています。 窓の多い家設計すると、夏の暑さがとても心配ですが、きちんと南に正対させて、1階も2階もちゃんと日射遮蔽する断面になってれば、夏の日中でも大丈夫ってことですね。
冬場はまだ、このツールなかったそうなので、通年のデータが取れたら、またご紹介したいと思います。

松戸N邸スーモ撮影

8/12は松戸N邸、雑誌スーモ注文住宅の取材でした。 今日の撮影スタッフは 、カメラマン橋本裕貴さん、ライター松林ひろみさん、編集若林有美さん。

この家は過去にマイホームプラス、ライヴズ、建もの探訪の取材を受けていますが、竣工後8年たってもまだ取材依頼があるっていうのがすごいですね。時が経つにつれ物は増え続けていますが、いつ伺っても、格好良く整えられています。

発売が10月ということで長袖着ていただきました。紫檀のパーケットフロアは自然な光沢感がでていい感じに。

シンプルなI型キッチン。改めて見ると吊り戸棚を白くしたのが良かったですね。壁面は業界では最近流行ってる?馬目地のタイル。8年前の建物ですから何周も早かった感じでしょうか。

階段の手すりは武骨な木製で手すり子がスチールです。 玄関入ったところの床はスレート、 一般床はパーケット。キッチンの天板はバイブレーション仕上げ。垂木みせで、サッシはアルミ樹脂複合 、断熱等級4で性能も確保しつつ 材料を厳選してるので安っぽさはゼロです。一方絞れるところは徹底的に絞っています。外壁はガルバ小波、間仕切りは最少、 ドアは納戸と脱衣と2階トイレ、3枚しかありません。 自分の設計ですが、 税抜き2000万ちょっとの工事費は今見ても配分が絶妙です。

ハイサイドライトで明るい玄関。あまりに格好つけるのは逆に格好悪いということで、外しアイテムとしてペナント飾っています。さすがi+iお施主のインテリア番長。

どこもかしこもインスタ映えで撮影シーンがありすぎです。設計者があらかじめ用意する借り物のインテリアでなく、お施主さんが後からつくった自らの世界観を表現する自分なりのインテリア。理想的です。