津市F邸02案

森大建地産コラボ第三弾、津市F邸はじまりました。コーナーに木が生えた中間領域がある建築になります。

敷地は周囲にこんな感じで家が建っています。今のところ南側は平屋ですが、将来は2階建てになる可能性もあります。

そのため、建物の角を欠きとり、2階から取り入れた光を吹き抜けを介して下に落としてます。

吹き抜けの背中側にはこんな風に日差しが入ります。

名古屋K邸01案

新しいお仕事、名古屋K邸01案。
敷地の道路付けは東と南、つまり東南の角地で 日当たり良好です。「豊かな中間領域を持ったエコハウス」というテーマ を実現するのに最適な敷地。
建主さんは、耐震等級3、HEAT20G2程度の断熱という性能以外は特に強いご要望はないのですが、なんとなく2つのヴォリュームを組み合わせたような形がご希望ということで、01案は下屋付きの箱型住宅をご提案しました。

下屋は南側は半間、東側は一間半ほど軒を出しています。冬期の日射取得と軒下中間領域の守られ感を両立する形です。また、この庇は玄関ポーチを兼ね、西隣に建つアパートからの視線を遮るという、一石三鳥、一石四鳥の役割を担います。

南の軒の出をあえて半間に絞ったので、こんな風に冬場はたっぷりと日射しが入ります。小上がりの部分で日向ぼっこできますね。下屋付きで家の中央がいくらか暗くなるので、2階窓からの光を吹き抜けに落とし光を補う予定です。

エコハウス大賞シンポジウム

1/28はエコハウス大賞シンポジウムが開催されました。2018年のエコハウス大賞受賞者である私とオガスタ相模さんは基調講演の大役を仰せつかりました。

私の講演の中身は、これからのエコハウスです。HEAT20G2、耐震等級3が当たり前の時代になると、建築はいよいよ「建築としての魅力」が問われるようになってきます。ところが、外付けブラインドがついたZEH 片流れ箱型住宅に代表されるように、最近の省エネ住宅は性能だけが目的化し、「建築的な魅力」から遠ざかるような設計がされているのではないか。 数値目標が達成された後は、古き良き時代の名建築や伝統建築に倣い、屋根や中間領域、つまり内と外との境界部をまず設計すべきなのではないか。そして、境界部を魅力的にデザインするためには、間取り先行の設計の手順を根本的に見直す必要があるのではないか、というお話をさせていただきました。

一方相模さんは、ビルダーズ木藤編集長のリクエストを受け、設計事務所とのコラボをテーマにお話しされました。

オガスタは私以外にも複数の建築家とコラボしてきておりますが、都度、その建築家から技術やデザインを吸収しながらも、いつも「新潟らしさ」「オガスタらしさ」を守りながら日々進化してきました。
オガスタのコラボは、有名建築家のスタイルをそのまま利用、工務店が技術性能おさまりのバックアップをするという下請け的な関係のコラボとは全く違います。 建築家が構法や温熱計算に口をだすこともあるし、 相模さんが経営者、温熱の技術者として、建築家にアドバイスすることもあります。床下エアコンや階間エアコンでは相模さんは第一人者の一人、建築家もコラボするとなぜか出世するということで、コラボしたい工務店ナンバーワンになりつつあります。

オガスタの真似を全国の工務店がそう簡単にできるとは思いませんが、相模さんの話をきっかけにコラボの動きが加速すると面白いですね。
てなことで、この日はこの後、審査員の先生方の講演があり、懇親会の後、ご近所オゾンと地下の杵屋で 楽しく飲んで解散となりました。エコハウス大賞は今回で終わりとのことですが、建築知識ビルダーズでは次なる企画も検討中のようです。期待しましょう。

国立N邸付加断熱など

国立N邸、付加断熱周りの工事が粛々と進行中です。

室内側の可変調湿シートとは別に構造用面材=モイス面で一回気密取る仕様なので、モイスの配管貫通部も気密処理されています。モイスはパッキン挟んで躯体に止めています。下に置いてあるお布団みたいなのが、付加断熱用の高性能グラスウールです。

エアコン用貫通部の室内側はこんな感じ。配管出したりして結構力がかかるからでしょうか、四角い下地を入れてます。で隙間はウレタンで充填。

これは付加外側にウルトの黒い透湿防水シート張った後の状態。野地は2枚ですが、垂木部を切り欠きつつ、直上の野地の下にウルトを巻き上げるように張ってます。タッカー部はテープ処理。手間かかってます。

これはちょっと前の工程です。野地の直上にもウルトがあって、その上に通気胴縁、野地板という構成になっております。野地一層目軒先のところの野地表裏で、両方のウルトが出会い、フェイルセーフラインが完結する感じです。

木製サッシも搬入されました。これは主として2階に使う、ガデリウスの既製品のドレーキップ窓。南側の3枚の大きい窓はアルスの「夢まど」の片引きを使っています。

茅ヶ崎K+H邸上棟

茅ヶ崎K+H邸上棟しました。 窓台まぐさもプレカット。大工さん9名、2日間で屋根は野地2層目+ルーフィングまで、外壁はダイライトまで、 金物はほぼ終わっています。棟梁は多摩N邸、高円寺I邸、元住吉M邸などをつくってくれた新井さんです。

2階は耐力壁線間距離少し大きいので、屋根は登梁105角@910で24mm張った剛床仕様。この上に通気垂木があって、もう一層12mmの野地を張ります。充填断熱なので登梁は天井裏に隠れます。

上下積層する2世帯住宅は1階の親世帯がつまらなくなりがちですが、この家は一階にも大きな吹き抜けがあります。天井高のメリハリが効いた空間になるはず。

2階子世帯南側は間口4間すべて窓です。耐風圧性能出すべく真ん中に2本梁入れました。これはこの家の明快な骨格を強調する意味もあります。

小屋裏に上ると下からの光がいい感じです。

青木さんは広小舞、登淀を無垢材で入れるのが標準。

なので、登淀がきちんと支えられるよう、けらば側の通気垂木は水平に 、コーナーは45度方向に 入れてます。通気ふさがないよう、けらばの通気垂木はエアーホール加工してます。

5倍壁部分は内側の合板を真壁で入れるので、プレカット段階で間柱サイズを合板厚分詰めています。入れた後で後から間柱を詰めるのは大変ですからね。