ガレージハウス市川T邸 設計概要

市川T邸は、静かな住宅街に建つ、ウッドロングエコ杉板外壁の住宅です。1階南は古いアルファロメオジュリアを入れるビルトインガレージ。ボックスがダサいので、ガレージのシャッターは内付けにし、ガレージ、玄関、寝室の前には半間の庇を出しました。

もう一つの特徴はピアノ室。マンション暮らしで現在は諦めていましたが、新居では奥様が家でピアノ教室ができるように。

長期優良住宅よりも、楽しさ優先というお客様だったので、スキップフロアを久しぶりにご提案しました。リビングとダイニングは階段4段分=880mmずれて、室内のあらゆる部分がワンルーム状につながっています。

窓は正方形モチーフで統一。床は西南桜のフローリング。「フローリングの部屋で、天井が羽目板だとくどい、むしろ合板がいい」というご意見いただいたので、天井はシナ合板に。

ダイニングの隣には、屋根のない屋外空間=中間領域が設けてあります。洗濯物は洗濯機が配置されたキッチン隣のユーティリティにも干せますが、ここで屋外干しも可能です。

カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください