松戸N邸スーモ撮影

8/12は松戸N邸、雑誌スーモ注文住宅の取材でした。 今日の撮影スタッフは 、カメラマン橋本裕貴さん、ライター松林ひろみさん、編集若林有美さん。

この家は過去にマイホームプラス、ライヴズ、建もの探訪の取材を受けていますが、竣工後8年たってもまだ取材依頼があるっていうのがすごいですね。時が経つにつれ物は増え続けていますが、いつ伺っても、格好良く整えられています。

発売が10月ということで長袖着ていただきました。紫檀のパーケットフロアは自然な光沢感がでていい感じに。

シンプルなI型キッチン。改めて見ると吊り戸棚を白くしたのが良かったですね。壁面は業界では最近流行ってる?馬目地のタイル。8年前の建物ですから何周も早かった感じでしょうか。

階段の手すりは武骨な木製で手すり子がスチールです。 玄関入ったところの床はスレート、 一般床はパーケット。キッチンの天板はバイブレーション仕上げ。垂木みせで、サッシはアルミ樹脂複合 、断熱等級4で性能も確保しつつ 材料を厳選してるので安っぽさはゼロです。一方絞れるところは徹底的に絞っています。外壁はガルバ小波、間仕切りは最少、 ドアは納戸と脱衣と2階トイレ、3枚しかありません。 自分の設計ですが、 税抜き2000万ちょっとの工事費は今見ても配分が絶妙です。

ハイサイドライトで明るい玄関。あまりに格好つけるのは逆に格好悪いということで、外しアイテムとしてペナント飾っています。さすがi+iお施主のインテリア番長。

どこもかしこもインスタ映えで撮影シーンがありすぎです。設計者があらかじめ用意する借り物のインテリアでなく、お施主さんが後からつくった自らの世界観を表現する自分なりのインテリア。理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください