エコハウス大賞公開審査レポート

エコハウス大賞のHP内に、i+i設計事務所、オーガニックスタジオ新潟がグランプリを獲得した、公開審査の詳細レポートがアップされました。読むだけでその場にいたんじゃないかと錯覚してしまうくらいの臨場感あふれる素晴らしいレポートです。

「エコハウスを技術性能だけで見た場合、どうしても私たちがテーマにした中間領域や風土性は枠の外に考えられる。しかし、それをあえて尊重することで古い民家が持っているような数値にあらわれない魅力や価値を建物のなかにあらわせた」という、私がプレゼンで一番伝えたかった部分は、省略なしでそのまま書いて頂きました。

三澤先生「天井の杉板にトップライトからの光がたくさん集まるので、まろやかな空間ができていて素敵・・・」、前先生「最優秀賞の「グランドピアノのある家」は、性能、意匠を含めてあらゆる意味で完璧に近いものでした。・・・」、
松尾先生「最優秀賞の「グランドピアノのある家」は、一般的な敷地を読み解き方からかけ離れて、あえて今まで見たことのない空間に、しかも高いレベルで解いたことに価値を感じました。・・・」、などなど、ほとんどの審査員の先生方に高い評価いただけたことがわかります。

飯塚のグダグダの優勝コメントも3割増しでうまくまとめていただいてます、笑。ぜひご覧いただければと思います。


大賞受賞の記念写真。左から、松尾審査委員、前審査員、飯塚、相模さん、三澤審査員、西方審査員、伊礼審査委員長です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)