「グランドピアノのある家」日本エコハウス大賞 大賞候補ノミネート

i+i設計事務所とオガスタ新潟とのコラボ、新潟市中野山K邸=「グランドピアノのある家」が、日本エコハウス大賞の大賞候補4点のうちの一つに選ばれました。


K邸はレーモンドのカニングハム邸のような断面をした住宅です。
UA値は0.28。HEAT20だと新潟のG2は0.34だから、それを上回る性能です(数字が小さいほど高性能)。サッシは基本APW430ダブルLOWEトリプルガラス、南の引違はAPW330LOWE複層ガラス、壁は全方位断熱付き。天井断熱は高性能グラスウールとウッドファイバー100㎜の組み合わせ。防湿層は両者の中間に入っており、すのこ天井の裏のウッドファイバーは吸音材としても機能。音の響き過ぎを防止します。


エコ住宅というものは、表面積を小さく抑えるため、箱型の単純なフォルムになりがちなんですが、内と外のあいだに「間」をとること=中間領域をつくることは魅力的な『建築』の絶対条件。2階の屋根をふき下ろした形で表面積を節約、その一部を凹ませ、幅の広い大階段を設けることで、たっぷりと奥行きのある中間領域をつくりだしています。窓のすぐ上に深い軒を出すと冬期日射は減りますが、この部分の屋根は高いところにあるので、冬期の日射も問題なしです。

最終のプレゼンテーションと授賞式は11/20(火曜)14:30~16:50@東京ビッグサイトです。オガスタからは相模社長、管理建築士阿部さん、K邸担当小林秀監督東京入り予定。

なお、この公開プレゼンテーション+授賞式はジャパンホームショーの特設講演会のひとつ。http://www.jma.or.jp/homeshow/seminar/program.html
審査員の伊礼さん、西方さん、三澤さん、松尾さん、前さんの他に、堀部さんや森みわさんやもいらっしゃるという噂。こんな超豪華メンバーにも関わらず、定員はたったの70名。事前登録制のようですから、ご興味ある方は早めに登録し、ジャパンホームショーの入場券も入手した方がいいいかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)