48

下高井戸M邸
 閑静な住宅地に建つ住宅です。敷地は日当たりの良い南西の角地。しかし地形は、鋭角に尖る台形で、南下がりの傾斜があります。
 鋭角かつ斜面となる敷地南側には駐車場と庭を割り当て、北側の比較的平坦な部分に建物を配置。高度斜線がかかる狭い平坦なエリアを有効活用できるよう、外観は南北異勾配の切妻屋根とし、南側は斜面上にオーバーハング。天井の高い開放的な2階リビングを実現しました。
 南側の窓の上には斜め状に庇を出し、夏の日差しに配慮。また、電柱が正面に立つテラス部分は、三角に開口し視線を斜めに抜くよう計画しました。
 外壁は昔ながらの焼杉、内部は懐かしい趣きのある垂木あらわしのインテリアですが、敷地形状にも呼応した開口部や屋根の幾何学的な処理により、「古さ」と「新しさ」が同居する個性的な住宅になっています。
 省エネルギー対策等級4に適合させた上で、屋根通気層を設けて、温熱環境にも配慮。住宅性能証明書を取得します。

■ブログ記事を見る
■竣工写真を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)