61-misyuku-N

三宿N邸
三宿N邸は、閑静な住宅地に建つ住宅です。敷地は4方向に斜線制限がかかる角地で面積は35坪。
外観は木外壁の基壇の上に、コーナーを欠きとられた切妻のボリュームが載る、印象的な形態となっています。1階は行き止まりのない回遊性のある間取り、2階は広々としたワンルームの間取りです。急勾配屋根の内部空間は、小屋裏収納を設け立体的に利用。屋根中央には上空から北向きの柔らかな光を落とすハイサイドライトを備えています。2階のダイニングの内向きの縁側は、リビングでは奥行きが増えて小上がりに変身します。
不燃特区の建て替え助成制度を利用するため準耐火建築となりますが、JBN方式の準耐火外壁で一部内外木張りに。防火窓もすべて樹脂製とした高気密高断熱仕様で、建て替え前の家とは比較にならない暖かさを実現しました。

■ブログ記事を見る
■竣工写真を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)