60-tama-NK

多摩NK邸
 多摩NK邸は、多摩川にほど近い閑静な住宅地に建つ住宅です。今回のプロジェクトでは、「大正文化住宅のような」という建主NKさんのご要望に真正面から取り組みました。
 平面は6.8m角の正方形。屋根はオーソドックスな切妻で、軒は出来る限り低く。縁側的なデッキのある南側は、ステンレスのブレースを背後に仕込んだ欄間サッシ、低い腰窓と戸袋風の外壁で、間口いっぱいの開口部を表現。すべての窓の上には庇をつけ、切妻の上には越屋根を載せました。
 内部空間は、伝統的な和風住宅のように、主従の部屋の大きさをほぼ揃え、メイン空間を強調しすぎないように。家具、建具、構造体は濃茶色に着色し、白い壁天井とのコントラストを出しました。
 そういった、古き良き時代の住宅が持っていた、寸法、プロポーション、色合いを守ることで、そこはかとない懐かしさ、快適さを感じさせる一方で、越屋根中央ハイサイドライトからの光で、伝統和風とは異なった明るい内部空間を実現。「間取りの方程式」のルールを厳密に守りながら、認定低炭素、省令準耐火など、性能的にも最新の基準に適合させた、「古くて新しい家」に仕上げております。

■ブログ記事を見る
■竣工写真を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。