57-hannou-K

飯能K邸
 部分2階のある腰折れ屋根の住宅です。眺めの良い谷側に妻面を向けました。1階の庭側はすべて窓。窓に沿って縁側のようなデッキを設けます。外壁は杉のウッドロングエコとリボスタヤエクステリアのウォールナット色のツートン。
 大窓方向は緩い崖になっていて、窓から見えるのは山と木だけ。絶景住宅です。ご要望である「昭和風」を実現するため、建具家具はこげ茶色に塗装。構造体はEPふき取りで、明るめにしました。キッチンの大型家具類は製作物。浴室も在来。1階の床はちょっと珍しいジャトバの無垢材です。共用部の壁は珪藻土仕上げとしました

■ブログ記事を見る
■竣工写真を見る

■掲載誌 
「新米建築士の教科書」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。