逗子S邸オープンハウスは今週末3/30

今週末土曜日3/30(10時から16時)はいよいよ、逗子S邸オープンハウスです。プロ受けするのか、予約される方が設計者・施工者ばっかりになりつつありますので、一般の方もぜひお越しくださいませ。
詳しいご案内はこちらです。
見どころをダイジェストでご紹介します。


東側の立面です。南側は生憎、立駐やアパートがあって開けないので、前庭のある東側中心に窓を設けています。庭はお施主工事でゆっくり時間をかけて整備する予定です。


妻側のシンボルとなる北側のフィクス窓です。木の四方枠で窓を強調してます。焼杉外壁は焼きっぱなしのもの。国産木材建材メーカー、木童さんのキラーアイテムで、アイプラスアイでは何度か採用してます。


向かって右手は8mの共用通路となるんですが、基本的にこれは奥4件のお宅の敷地延長部が4つ合わさったもの。内輪のルールで家は建てられないことになっていますが、隣地なので北側斜線がかかります。そのままだと切妻の頂部が斜線に引っ掛かるため、天空率で北側斜線の規制をかわしています。


建て主のSさんは照明マニアで、アアルトやルイス・ポールセンの照明を多数所有されています。天井のやや過剰な配線ダクトは、照明のコレクションをぶら下げるためのもの。緑青吹いた土間の照明はデンマークで買ってきた古いルイスポールセン。


リビングのある2階はできるだけワンルームに、1階は逆に見通せない迷路のような空間というのがSさんのリクエスト。壁は色付きのしっくいです。


庭側が端から端までの窓になった2階のリビング。床から2mくらいのところにある雁行する薄いスラブが、ロフトになったり間接照明になったり。ライトのタリアセンみたいな表現ですね。


リビングからダイニングを見たところ。北側のシンボル窓は室内側から見るとこんなに巨大です。サッシはサーモスXトリプルガラスなので結構色がついてますね。


キッチンは壁側コンロ、アイランド側シンクのニの字型。アイランドの天板はウォールナットのハギ板。ラバーウッド集成材の下地で片持ち表現にしてます。座りながら餃子つくったりするときにもよさそう。


LDから70cm上がった小上がりスペースです。テレビはリビングでなく小上がりに置く予定です。段差の階段の下にはエアコンを仕込みました。

逗子S邸オープンハウス

来る3/30の土曜日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理いたしました、逗子S邸 http://iplusi.info/category/blog/zusi-s/
のオープンハウスを開催できることになりましたのでご案内致します。


逗子S邸は山を背負う50坪の敷地に建つ、5人家族のための住宅です。外部はシンメトリーな切妻屋根+黒い焼杉という、シンプルな表現になっていますが、内部はシークエンスに沿って、複雑で多様な空間が展開する有機的な構成になっております。今回、設計当初から建主さんと飯塚の目標は完全に一致しており、結果、完成度の高い住宅が実現できたと思います。ぜひこの機会に実際の空間を体験頂ければと思います。

■住所:神奈川県逗子市久木
■日時:2019年3月30日(土)、am10:00~pm4:00
■最寄駅:JR逗子駅より徒歩14分
■車の場合:近くの施設をご紹介しますのでご相談ください。
■ご連絡先:アイプラスアイ設計事務所 飯塚豊
mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488


なお、見学会は予約制となっております。見学希望の方は、お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家作り予定者・設計者・施工者 ・OB・その他の別をお知らせください。当日飛び入りの方は、飯塚携帯090-6156-7488まで、直接お電話いただければ幸いです。(当日、事務所の方には誰もおりませんのでご注意ください)


屋根は剛床で垂木あらわし、壁は色付きのしっくい、床はメルバウ無垢材です。サッシは意匠と性能の両方取りをするために、リクシルのサーモスXトリプルガラス。家のシンボル北面のフィックス窓はW1235*H2430。屋根断熱はネオマの100mm。UA値はHEAT20のG1とG2の中間値ややG2より、0.50です。


ロフトに至る階段下にはトイレが隠されています。階段は右側がスケルトンになっています。キッチンシンクカウンターの天板はウォールナット無垢材。


1階は全体が見渡せない空間にしていていますが、家具の上が抜けていて、天井面は大きくつながっています。木建具は通し手掛け、青木さん自社工場製作のバーチのフラッシュです。