設計の進め方について

Q28  打ち合わせの頻度はどの程度ですか

A 基本設計期間中は、およそ2週間に1回のペースで打ち合わせを行います。毎回、図面、模型、説明書を材料に打ち合わせしております。

Q29 案をみて、いろいろ要望を出していいのですか

A もちろんです。1案つくって、ご意見を頂戴し、次の案にフィードバックという地道な方法で設計を進めます。家作りがはじめての建築主さんでも、 家づくりのプロセスを楽しみながら徐々にイメージを固めていくことができます。

Q30 図面が読めなくて心配なんですが

A 模型をみながら、十分ご説明いたしますので、大丈夫だと思います。ご安心下さい。

Q31 どのような進め方をすると、面白い家になりますか?

A 私どものご提案に対し、先入観を一度捨てて自由に想像を巡らせて頂くと、面白い家ができると思います。また、問題点を解決するだけでなく、魅力をのばすという視点が重要です。収納や家事動線など機能的なことにとらわれすぎず、空間の抜け、光の入り方、落ち着いたスペースづくりなどから発想するのも、有効だと思います。

Q32  見積を取るのはいつですか?

A 基本設計の段階では、工事の詳細見積を厳選した工務店に依頼、数量を拾い、過去事例と単価を比較し、金額を調整した後、実施設計に入ります。数字に間違いが出ないよう、数量の拾い出しを必ず設計者自ら行うことも、アイプラスアイの特徴のひとつです。