優遇制度について

Q38 フラット35Sを使いたいのですが?

A 断熱等級4が標準仕様なので、コストアップさせることなく、フラット35Sなどを使うことが可能です。i+i設計事務所はフラット35の申請にも精通しており、過去10組以上のお客様が、フラット35Sを利用されています。金利優遇タイプのフラットも何度も経験しています。また贈与税対策として、住宅性能証明書の取得も経験があります。

Q39 火災保険を安くしたいのですが?

A 木造住宅でも、準耐火構造または省令準耐火構造にすれば、火災保険は安くなります。JBNの省令準耐火構造であれば、柱や梁を露出させることも可能です(ただし120幅以上の木材を使う必要があります)。

Q40  長期優良住宅・認定低炭素住宅に対応できますか?

A はい。長期優良住宅は制度上、スキップフロアや大きな吹き抜けはつくれなくなりますが、ご希望があれば対応できます。認定低炭素住宅もご希望があれば対応しており、複数のお客様が認定低炭素住宅の制度を使われています。