妙蓮寺T邸 今日の現場


10/13、妙蓮寺T邸現場寄ってきました。敷地は傾斜地で北東方向(写真右手)の眺めが良くなっています。左は元から敷地内にあった大きな桜の木です。


こんな風に桜の木に寄り添うように建っています。


谷側の眺めのいいコーナーは、1階も2階も窓を設けました。この敷地は、とてもいい風が吹くので、ほとんどすべての窓が開けられるようになっています。


谷側の風景を楽しめるよう屋根の上にはペントハウスを設けています。ワイド2.1mくらい高さ1.8mくらいの窓ですが、劇的な光が入ります。


温熱的にみれば北側の窓は最小限にすべきですが、これほどの効果があれば、そんなことはどうでもいい感じがしますね。一応、ペントハウスのサッシはトリプルガラスにしてあります。


天井の低いキッチン部分から南を見たところ。正面やや右に桜の木が見えてます。東側=左手の妻壁はあえて窓を設けていません。ここには200枚のストックがあるというTさんのお父様作の絵を何枚か飾る予定です。


1階の北側から南方向を見たところです。回遊できる間取りになっています。様々な方向から光が入るので薄暗い感じはありません。


家中央の吹き抜け部分です。傾斜地の地形が室内に連続してる感じがします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)